求人が多い介護福祉を目指すために必要な勉強法

キャリアプランを参考に介護福祉士を目指す~求人情報も重要になる~

介護福祉士とは何かを知る

介護福祉士は身体的や精神的に障害があり介護が必要な方に、自立した日常生活を送るためにサポートやアドバイスを行う専門家です。ホームヘルパーという介護職もありますが、ホームヘルパーは研修を受けて資格を得ることができる認定資格で、介護福祉士は専門の養成施設や専門学校を卒業してから国家資格に合格してからはじめて名乗ることができる社会的評価がより高い職種です。

介護福祉士資格取得に向けたルート選択

現在中学生の場合には福祉系の高校へ進学する

進学先を福祉系高等学校に入学して、単位を取得すると国家試験の受験資格を得ることができます。3年生で介護福祉士の試験を受験でき、高校3年生で介護福祉士になることも可能です。

福祉系以外の高校に通っていてすぐにでも資格を取得したい場合には進学する

福祉系の高校以外に進学済みの場合には、高校卒業後に介護の仕事に就くことも可能ですが、最短で介護福祉士を目指したい場合には高校卒業したあとに養成施設に進学して2年間学習します。

社会福祉士養成施設や福祉系の大学に通学している場合

社会福祉士養成施設や福祉系の大学に進学している場合には、介護福祉士養成施設に1年間勉強すると、最短で1年で資格を取得することができます。

すでに介護の仕事をしている場合にはは働いている年数によって異なる

すでに介護の仕事をしている場合には実務経験によって異なります。実務経験1年以上の場合には、さらに継続して働き3年間実務経験を積んでいき、実務経験1年未満の場合には介護福祉士の養成施設にて2年間学んでから受験に臨みます。

求人が多い介護福祉を目指すために必要な勉強法

ウーマン

経験を活かして資格を取る方法

介護を携わる仕事は、未経験でも資格がなくても働くことができますが、スキルアップのために資格の取得を目指す人も少なくありません。働きながら技術と経験を積んでいき、実務経験を3年以上積み、実務者研修を修了すると介護福祉士の受験資格を得ることができます。実務経験を積みながら、夜間スクールや通信講座にて試験に臨む人が多いです。

より良いサービスのために義務化された研修とは何か

介護福祉士の受験資格として実務者研修が必須となりました。実務者研修は、無資格者の場合には450時間の研修が必須となります。ただし、過去の研修にて受講があれば除外が可能で、介護職員初任者研修を受けていれば320時間まで短縮することができます。また実務者研修には医療的ケアが追加されています。医療的ケアが追加になったことで一部の医療ケアを行うことができるようになりました。

上を目指しやすい!介護職のキャリアプラン

すでに介護職として働いている場合には、3年以上の実績を積んでから介護福祉士を目指します。介護福祉士を合格してからさらに5年の実績を積んでからケアマネージャーを目指します。他にも職場の管理職を目指す方法もあります。無資格からもはじめることができ、求人も豊富にありますが、介護関連の資格は幅広くあります。技術や知識を身につけることによって、より上を目指すことができます。目指した資格を取得するとよりさらに技術や知識の幅を広げることができます。

未経験から目指すか実務経験つみながら目指すか取得までの期間を比較

学校に通って国家資格を目指す

未経験の場合には、2種類の方法にて介護福祉士を目指すことができます。福祉系の高校を卒業するか養成施設を卒業する方法です。学校に通うことになり、1~3年ほど時間がかかります。

実務経験の年数によって異なる方法

すでに働きながら資格を目指す場合には、実務経験1年以上の場合には、3年間の実務経験を積んでから試験に臨み、実務経験1年未満の場合には養成施設に2年間通って試験に臨んでいきます。

広告募集中