介護職が社会から求められるようになった時代背景

日本では医療の進歩もあり高齢化が進んでいるだけでなく、子供の減少、結婚をしないシングルの増加などから家族だけでは介護を行うことは困難です。また介護保険の制度ができてから、多くの企業にて業界に参入していることからも介護に携わる人は不足しています。

介護福祉士と医療事務仕事や必要なスキルの違い

介護の専門家として活躍することができる

介護福祉士は国家資格が必要な職種です。介護は資格がなくても携わることができますが、介護福祉士は試験を受ける条件があり、合格すると専門家として見られることになります。介護の専門家として頼りにされ、知識と技術を他の人に伝え、活かしていくことができます。求人も豊富にあり、介護福祉士としてさまざまな場所で活躍することができます。

病院事務の専門家として活躍できる医療事務

医療事務は病院内の受付や会計、診療報酬明細書の作成など、病院事務のプロとして活躍することができます。未資格でも求人があり、熊本で医療事務として働くことができますが、診療報酬明細書の作成や専門用語の多い病院では耳慣れない言葉があるため、民間資格の勉強をしておくと仕事に役立てることができます。

[PR]介護求人を探しているなら要チェック!
転職の強い味方☆

[PR]熊本の医療事務求人まとめ
福利厚生ばっちり◎

需要性が高まる医療事務や介護福祉の仕事【求人が増えている理由】

履歴書

介護職のやりがいについて

介護の仕事はハードな業務を行います。それでも、ハードな業務を少しの工夫をすることによって改善することができます。そんな少しの工夫で改善できたときの喜びや、ありがとうといわれたときの喜び、介護が必要な方の笑顔、些細な事であってもうれしさを得られるやりがいを感じることができます。

知識のない未経験から挑戦

介護の仕事はやりがいがある反面、ハードな業務を行うこともあるため大変です。未経験で介護職を行うためには、自分がなぜ介護の仕事に携わりたいかを明確にすることが大切です。雇用形態や勤務地、給与など絶対条件を明確にしてから仕事を探していきます。

採用を目指すときの注意点

介護の世界には、新卒で学校を卒業したばかりの人から他業種から転職してきたりとさまざまな経歴を持つ人が働いています。そのため求人に応募するためには、まず履歴書には面接まで繋がる、自分の強みや経験を自己PRや志望動機を遠慮なく、しっかりと書くことがポントとなります。

経験から聞く介護職のメリットとは何か

人の役に立っていることを実感することができる

お手伝いをしている方と直接触れ合うことができるため、自分が人の役に立っていることをはっきりとわかることができます。感謝されることが多く、ありがとうなどの感謝の言葉をかけていただくと、介護の仕事をやっていてよかったと実感することができます。

需要の高まりから安定した求人がある

日本の高齢化社会は進行しつつあり、介護の需要は高まる一方です。景気に左右されることなく、安定した収入を得ることができ、どの施設でも介護職は不足しているため、求人が豊富にあります。転居しても求人を見つけやすい職種です。

万が一家族に介護が必要になったときに役立つ知識と技術

万が一家族が介護が必要になったときに、仕事で培った知識や技術は大変役立ちます。家族の介護のために仕事をはじめたわけではないという人が多いですが、いつ自分の身内が介護が必要になるかわかりません。そのときに何もできなかったというよりも、やはり知識や技術が身についていると安心です。

人生の先輩から得られるものが多い

利用者の多くが人生の先輩となる高齢者です。核家族化が進む日本では、高齢者と暮らしたことがない人も少なくなく、高齢者の方のお話から得られる経験や知識は大変貴重なことを聞くことができます。介護をしているときには、命に関わるようなこともあるため、冷静に対応できる力も身につけることができます。

スキル・キャリアアップを目指すなら大規模施設

大規模な施設で働いていると、多くの症状を抱える方々の介護を行います。多くの経験を積むことができ、知識や技術を数多く得ることができます。将来、ケアマネージャーなどさらなるキャリアアップを目指すためには大規模施設で働くことは優位になります。

広告募集中